危険物乙4問題集
  1. トップページ >
  2. 試験情報 >
  3. 危険物取扱者とは

危険物取扱者とは?

スポンサードリンク

危険物の資格と知識を持ち、危険物を取り扱うことのできる人のことです。
危険物取扱者の試験は「国家資格」です。
扱うことのできる危険物は資格の種類によって決まります。

資格の種類は「甲類」「乙類」「丙類」に分かれており、
乙類の中でも第1類から第6類まであります。
当サイトでは中でも「乙4類」に関して詳しく解説しています。

資格・免状の種類 取る扱える危険物
甲類 全種類の危険物
乙類 第1類 塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物などの酸化性固体
第2類 硫化りん、赤りん、硫黄、マグネシウムなどの可燃性固体
第3類 カリウム、ナトリウムなどの自然発火性物質・禁水性物質
第4類 ガソリン、アルコール類、灯油、軽油などの引火性液体
第5類 有機過酸化物、ニトロ化合物などの自己反応性物質
第6類 過塩素酸、過酸化水素などの酸化性液体
丙類 ガソリン、灯油、重油など

乙4類の危険物取扱者について

乙4類の資格を取得するとガソリンや軽油等などの指定危険物の取り扱い・点検業務などを行うことができます。
ガソリンスタンドや化学工場などの作業では持っておきたい資格です。

危険物取扱者試験の情報トップ

トップページに戻る

表示:スマートフォンパソコン
Copyright (c) 2011-2017 危険物取扱者乙4問題集 All right reserved