乙4の性質・火災予防・消火に関する問題9です。
第3石油類の性質や燃焼範囲の問題掲載。

危険物乙4問題集
  1. トップページ >
  2. 危険物の性質並びに火災予防及び消火の方法問題 >
  3. その9

性質・火災予防・消火問題9

スポンサードリンク

【問題】 第2類危険物について誤っているものは、次のうちどれか。
1番 一般に水に不溶で比重は1より小さい。
2番 それ自身、有毒又は燃焼の際に有毒ガスを発生させるものがある。
3番 金属粉は、水又は酸の接触により発熱し発火する。
4番 いずれも可燃性の固体であり酸化されやすい。
5番 自然発火するものが多い。
【問題】 第3石油類についての説明で、正しいものはどれか。
1番 常温(20℃)で固体となるものもある。
2番 重油、クレオソート油などが該当する。
3番 引火点が70℃以上250℃未満の液体である。
4番 水よりも重いものはない。
5番 グリセリンは水溶性でそれ以外の第3石油類に水溶性のものはない。
【問題】 燃焼範囲が最も広いものは、次のうちどれか。
1番 ガソリン
2番 灯油
3番 軽油
4番 ベンゼン
5番 メチルアルコール

性質並びに火災予防及び消火の方法問題トップ

トップページに戻る

【性質・火災予防・消火】5択問題
その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9 その10
その11 その12 その13 その14 その15
その16 その17 その18 その19 その20
その21 その22 その23 その24 その25
→○×問題に移動
表示:スマートフォンパソコン
Copyright (c) 2011-2017 危険物取扱者乙4問題集 All right reserved