乙4の性質・火災予防・消火に関する問題8です。
重油についての説明・第4石油類についての説明などの問題です。

危険物乙4問題集
  1. トップページ >
  2. 危険物の性質並びに火災予防及び消火の方法問題 >
  3. その8

性質・火災予防・消火問題8

スポンサードリンク

【問題】 重油についての説明で誤っているものは、次のうちどれか。
1番 引火点は100℃以上である。
2番 用途により1類(A重油)、2類(B重油)、3類(C重油)に分類されている。
3番 褐色又は暗褐色の液体である。
4番 容易に引火しないが、いったん燃え始めると消火しにくい。
5番 発火点は250℃〜380℃で水に不溶である。
【問題】 第4石油類についての説明で誤っているものは、次のうちどれか。
1番 1気圧において引火点が200度以上250度未満のものである。
2番 比重は0.85〜0.96で水に不溶である。
3番 容易に引火しないが、いったん燃え始めると消火しにくい。
4番 第4石油類の品名としてギヤー油、シリンダー油などがある。
5番 第1・第2・第3石油類に比べ、いちじるしく揮発しやすい。
【問題】 動植物油類がしみこんだウエスが自然発火した、この原因として考えられるものは次のうちどれか。
1番 比重が大きいから。
2番 引火点が低いから。
3番 酸化されやすいから。
4番 蒸気比重が大きいから。
5番 燃焼範囲が広いから。

性質並びに火災予防及び消火の方法問題トップ

トップページに戻る

【性質・火災予防・消火】5択問題
その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9 その10
その11 その12 その13 その14 その15
その16 その17 その18 その19 その20
その21 その22 その23 その24 その25
→○×問題に移動
表示:スマートフォンパソコン
Copyright (c) 2011-2017 危険物取扱者乙4問題集 All right reserved