危険物乙4問題集
  1. トップページ >
  2. 危険物に関する法令 >
  3. 危険物施設の保有空地 >
  4. 屋内貯蔵所の保有空地

屋内貯蔵所の保有空地について

スポンサードリンク

屋内貯蔵所に必要な保有空地は、「指定数量の倍数の違い」と「壁・柱・床が耐久構造の場合とその他の場合」場合によって違います。

指定数量の倍数は「5以下」〜「200超」まで6つの区分に分けられます。

壁・柱・床が耐久構造に比べ、その他の場合の保有空地は大きめに取らなければなりません。

屋内貯蔵所の保有空地

指定数量の倍数 空地の幅
耐久構造の場合 その他の場合
指定数量の5倍以下 規定なし 0.5m以上
指定数量の5倍超え10倍以下 1m以上 1.5m以上
指定数量の10倍超え20倍以下 2m以上 3m以上
指定数量の20倍超え50倍以下 3m以上 5m以上
指定数量の50倍超え200倍以下 5m以上 10m以上
指定数量の200倍超え 10m以上 15m以上

危険物施設の保有空地

危険物に関する法令 情報TOP

トップページに戻る

危険物施設の保有空地
製造所・一般取扱所 屋内貯蔵所 屋外タンク貯蔵所 屋外貯蔵所
表示:スマートフォンパソコン
Copyright (c) 2011-2017 危険物取扱者乙4問題集 All right reserved