危険物乙4問題集
  1. トップページ >
  2. 危険物に関する法令 >
  3. 危険物施設の保安距離

保安距離について

スポンサードリンク

危険物を取り扱う施設では災害などに備えて学校、病院、住居、重要文化財などから定められた距離を保たなければなりません。

保安距離 施設名
3m以上 特別高圧架空電線(7000V〜35000V)
5m以上 特別高圧架空電線(35000Vを超えるもの)
10m以上 同一敷地外にある住居(危険物施設内の住居とは別の住居のこと)
20m以上 高圧ガス施設
30m以上 学校、病院、劇場等の施設(多人数の収容施設)
50m以上 重要文化財、重要有形民族文化財、史跡等の建造物

保安距離は下記の施設で必要です。(保安距離施設)
・製造所
・一般取扱所
・屋内貯蔵所
・屋外タンク貯蔵所
・屋外貯蔵所

保有空地についてはこちら→危険物施設の保有空地について

危険物に関する法令 情報TOP

トップページに戻る

表示:スマートフォンパソコン
Copyright (c) 2011-2017 危険物取扱者乙4問題集 All right reserved