危険物乙4問題集
  1. トップページ >
  2. 基礎物理学および基礎化学 >
  3. 消火方法の種類(要素)

消火方法の種類(要素)

スポンサードリンク

消火方法の種類は大きく「冷却消火」「窒息消火」「除去消火」の3種類に分けられます。

消火とは「熱源」「可燃性物質」「酸素供給体」のいずれかを取り除くことです。これを「消火の3要素」といいます。

「冷却消火」「窒息消火」「除去消火」それぞれの消火方法の説明です。

冷却消火

消火剤を用いて、燃焼物を冷却して消火する方法です。

燃焼物を発火点以下に下げることで、物質から燃焼要素である熱源を取り除き消火します。

窒息消火

燃焼要素である酸素の供給を断つことにより消火する方法です。

消火剤や容器などを用いて物質と空気との接触を遮断します。

除去消火

可燃性物質を取り除くことで消火する方法です。

「ガスの元栓を閉めて火を消す」などが除去消火に該当します。

基礎物理学および基礎化学 情報TOP

トップページに戻る

表示:スマートフォンパソコン
Copyright (c) 2011-2017 危険物取扱者乙4問題集 All right reserved